介護施設とサ高住

高齢者の方の中にはなかなか自分一人でうまく生活ができない方もいます。
身体機能の衰えから現在の住宅では階段やお風呂、トイレに不便が生じてしまうケースもあるようです。
さらに、脳梗塞をはじめとした病気にかかると、後遺症として身体機能が損なわれてしまったり、認知症にかかったりして自立が難しくなってしまいます。
このように介護が必要な方は、基本的に誰かの介助が必要となりますが、必ずしも家族が高齢者に常に付き添って暮らしていくのは現実的ではありません。
長引く不況で、世帯当たりの所得を維持するためには共働きをするケースも多いためです。

そこで、こういった家族が利用するのが老人介護施設ですが、これにはいくつもの種類があり、一見するとその違いがわからないという方も多いです。
しかし、きちんと知っていなければ最適な施設に預けられない他、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
民間が支援しているのか、医療的処置を受けることができるのか、といった点も注目しつつ将来へ向けて知識を持っておくことは大切なことでしょう。
居住形態もさまざまで、自主的な生活をサポート付きで得られるところや、介護を必要とする方が専門の医師や作業療法士といった人が常駐、もしくは通いで対応してくれるようなところなど、内容もさまざまです。
今回は、各老人ホームの違いと、近年増加しているとされる「サービス付き高齢者向け住宅」通称サ高住について紹介します。